読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアソラ日記

徒然なるままに…南半球より

叫ばなくなったら見えてきたもの

ライフセービングとスポーツ

 

今日はユースのライフセービングゴールドコースト大会でした

 

会場に着いたのは朝の6時半ですがビーチは

既にそれぞれのチームのテントで一杯です

 

f:id:yarumomo:20161008184217j:image

 

下はアンダー11から上はアンダー15まで

ゴールドコースト中から子供達が集まってきます

 

ライフセービング協会というのは

基本寄付とボランティアベースで成り立っているので

親が何もしないという訳にはなかなかいきません

 

海の中で子供達を見守るウオーターセーフティや

クラブのチームマネージャーなども殆ど親の仕事です

 

私は去年オフィシャルズの資格を取りましたが

これにはマーシャルや審判など

試合の流れをスムーズにするための

仕事全般が含まれます

 

 

今日はゴールでのジャッジと誘導の担当でした

オフィシャルの仕事についていると

当然ですが特定の子供の応援というのができません

 

子供達が走ったり泳いだりしている側では

それぞれの親が大きな声で声援を送っています

私も一昨年までは人一倍大きな声で声援を送っていた一人です

 

さて叫ばなくなって見えてきたのは子供達の姿でした

どの子供も本当に一生懸命に走って泳いでボードを漕いできます

だれも手を抜いたりしていません

倒れそうになってゴールに帰ってくる子供達を見ていると

これ以上頑張れというのは酷なような気がしてきます

 

以前は自分の子供しか見ていなかったので

もっと早く泳げたんじゃないか

もっと力が出せたんじゃないかと

試合後にハッパをかけたりしていましたが

オフィシャルズの仕事をするようになってからは

簡単に「もっともっと」が言えなくなりました

 

だって本当にみんな必死なんですよ

子供達は十分にに力を出し切っているのです

試合後に叱られている子供を見たりすると

「ならばオマエがやってみろ!」と言いたくなります

 

まあライフセイバー上がりのお父さんやお母さんも

多いので実際にやったらスゴイのかもしれませんが…

 

 

プチソラが一昨日こんなことを言いました

 

「トレーニングだけじゃつまらない やっぱり試合が一番面白い!」

 

なんだかとっても嬉しくなりました

母はメダルなんか取れなくてもいいから

その気持ちを持ち続けて欲しいと思いましたよ

 

f:id:yarumomo:20161008191708j:plain