読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアソラ日記

徒然なるままに…南半球より

ニュージーランド紀行ーワイトモで泊まった「ホーンテッドマンション」で出た話

旅行

 

今回は母娘二人のバジェット旅行

宿は掃除さえ行き届いていれば

文句は言いません

 

幸いなことにどこの宿も大変きれいで

親切なところばかりでした

中でも私が特に気に入ったのは

ワイトモの「ホーンテッドマンション

 

山の上に威風堂々とそびえ立つ

「ワイトモ・ケイブ・ホテル」がそれです

どうですか ちょっと雰囲気あるでしょう

 

Waitomo Caves Hotel - Otorohanga - New Zealand

f:id:yarumomo:20160926080432j:plain

 

 

 

1990年までニュージー政府が所有していたと言う

このホテル 実は出るんですよ✋

というのは 創業年を調べようと

たった今検索したばかりのサイトに書いてありました

 

www.nzrentacar.co.nz

 

 

 

やっぱり〜〜〜〜!!

 

というのが私の正直な感想です

なぜかというとですね

プチソラが宿に降り立った瞬間から

「ここやだ」と言い

さらに一晩過ごした後には

 

「大きな音がしてぜんぜん眠れなかった

同じ部屋に人がいてずっとイビキかいてるみたいだった」

 

と文句を垂れたのです

 

ホーンテッドマンションみたいだねぇ」なんて

その時点ではふざけて話していたのですが

このサイトを読む限り見た人もいるようです

 

 

サイトによると創業は1909年

その後大々的なリノベーションが1930年にあった後

外観はほぼ現在と変わっていないと書いてあります

 

 

多分中もほとんど変わっていないのでは?

と思えるほどボロボロのホテルです

天井には染みが見えますね

エレベーターなんてありませんから

重いスーツケースを担いで二階まで上がります

 

f:id:yarumomo:20160926083916j:plain

 

 

 

 

不思議なドアノブです

表からは鍵が掛かりますが

内側には後付けされたと思しきキーチェーンのみ

昔は中からは開けられないようになっていたのでしょうか

想像が膨らみすぎて困ります

 

f:id:yarumomo:20160926085103j:plain

 

 

 

 

そして部屋の中はこんな感じ

ツインルームはベッドが左右に別れ

それぞれ壁に沿って置いてあります

ところどころ壁紙が剥がれたバスルームは

とてもドアを閉めて入る気分にはなれません

 

f:id:yarumomo:20160926083755j:plain

 

 

 

しかーし ここまで言い募って置いてなんですが

にも拘らずこの宿を推す理由があるのです

 

まず掃除が驚くほど行き届いています

水回りなどピッカピッカで大変気持ちがいい

誤ってベッドの脇に携帯を落としてしまったのですが

ベッドをずらして拾ったときも

埃っぽさを微塵も感じさせませんでした

 

カーテンもきれいだし

シーツやベッドカバーに至っても清潔でふかふかです

おまけにベッドの寝心地が抜群なのです

 

さらに暖房器具が揃いまくっています

備え付けヒーターなどもちろんありませんが

壁には四角い電気ヒーターが取り付けられ

小さなファンヒーターも置いてあり

おまけに電気毛布まで備えられてありました

 

お部屋は暖かくて清潔で

お風呂はきれいでお湯が勢い良く出て

おまけにベッドの寝心地が良くて気持ちいい!

 

「清貧」という言葉が思わず頭をかすめました

このホテルはお金をかけられてはいませんが

大事に守られてきたのでしょう

 

プチソラのゴーストは隣の部屋に泊まった

おじさんのイビキだったのかもしれないし

私がよく眠れたのは部屋を気に入った私に

ゴーストが呼応したからなのかもしれません

 

 

実際のところは神のみぞ知るですが

ワイトモケイブまで足を伸ばすなら

こんなホテルに泊まってみるのも一興かもしれませんよ

 

 

それにしても星二つって気の毒すぎでしょう…

 

www.booking.com