読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアソラ日記

徒然なるままに…南半球より

映画「The Zookeeper's Wife」日本公開未定 🌟🌟🌟

 

ジェシカ・チャスティン主演と聞いて見に行きましたよ

動物園のお話かと思ったらあら…

 

f:id:yarumomo:20170523094705j:plain

 

 


THE ZOOKEEPER'S WIFE - Official Trailer [HD] - In Theaters March 2017

 

 

ナチス占領下にあったワルシャワの動物園で

実際にあったお話でした

 

戦時中の動物園というとどうしても

上野動物園の象のはな子を思い出さずにいられないです

子供の頃に読んだそれが頭に焼き付いているのですね

かわいそうなぞう - Wikipedia

 

さてこの映画では動物こそ助けられなかったものの

ゲットーに暮らす300人以上ものユダヤ人を助けます

動物園に匿われた人々の暮らしは

他の映画でもよく出てきますが 音との戦いです

 

子供たちの立てるほんの少しの物音にビクビクしながら暮らす中

ハンサムで尊大なドイツ人動物園長(ダニエル・ブリュール)が

飼育長の妻(ジェシカ・チャスティン)に迫ります

 

でこの迫り方がそれはそれはエロティック…

ブル(雄牛)を掛け合わせるシーンなんてもはやR指定

一緒に見ていた友人は二人とも

彼女に他意はなかった

あの状況で迫られたら仕方がなかった…

と声を揃えて言い立てましたが 

私は絶対あったと思うのですよ

 

 

だからナチスの残虐な仕打ちやゲットーの焼き討ちに心は痛むものの

そんな状況の中で気を許してはいけない誰かに

心を奪われそうになるほんの一瞬が

この映画を美しくしているのではないのかしら…

とこれは私の勝手な思い込みにすぎません

 

日本公開は未定だそうです

DVDになったらぜひ

 

 

父とスーツケース / ピエンロー(レシピ)

 

父がまだ存命の頃

帰国した私のスーツケースを運ぶのは父の仕事でした

 

「なんだよ 重いなぁこのスーツケース…」

 

持つと必ず同じセリフ…

確かに重くて大きなスーツケースでした

父が病気になって運べなくなり

自分で運ぶようになりましたが

たしかに重い…

 

「石でも入ってるんじゃないの?」

これもいつも同じ横で見ている母のセリフ…

 

そりゃそうですよ

一年に一度の帰国では本やら化粧品やら

おまけに食料品まで入っていますからね

 

そんな漬物石級のスーツケースが私にもキツくなってきたなぁと思う頃

今度はプチソラが運べるようになってきました

ここ1〜2年くらいのことでしょうか…

 

初めて彼女があの「漬物石ケース」を運んでいるのを見たときは

こういうのを世代交代というんだろうなぁと妙に感慨深かったものでした

 

さて なんで土曜の朝からこんなしみじみしているかというと

今朝ランニングから戻ってきたプチソラに

「フレンチトーストでも食べる?」と聞いたら

「ううん 昨日の残りのお鍋にうどんとお肉入れて」

と言われたからです

 

高校生くらいの男の子とかがいれば

別にどこの家の食卓でもある会話でしょうが

我が家ではそんなヘビーな朝食などこれまで誰も所望しなかったので

「おおっ!」となったわけですよ

 

さて思いがけず朝から登場となった件のお鍋のレシピがこれ

これは妹尾河童さんの「河童のスケッチブック」という本に

載っていたレシピで長年に亘り我が家のスマッシュヒットです

 

写真が昨夜の残り物ですみません

 

f:id:yarumomo:20170520072340j:plain

 

 

 

*ピエンローレシピ

(実際のレシピとは多少異なる我が家風です)

 

1、鳥手羽を多めのごま油で土鍋で炒め

そこに薄切りにした大根もどっさり入れて炒める

 

2、鶏肉に少々焦げ目がついてきたら水を入れ

(我が家ではここで兵四郎だしも二袋入れます)

たっぷりの白菜とネギを入れる

 

3、煮えたらお豆腐を入れさらに豚肉の薄切りをしゃぶしゃぶ風にし

最後にごま油を上からたっぷり回し入れもう一煮立ちさせて出来上がり

 

4、各自好きなだけお皿にとり

塩やらポン酢やら柚子胡椒やら食べるラー油やらで味付けして食べる

 

量は各家庭に合わせてください

我が家ではだいたい水1、5リットルに平四郎だしふた袋

鶏手羽 600gくらい

豚バラ肉 500gくらい

白菜半分

大根中サイズ半分

お豆腐1丁強(こちらのサイズですね)

 

確かお出汁は干し椎茸を入れるのがオリジナルだったと思います

これもまたあっさりしていて良いですよ

今朝のゴールドコーストは初冬の気配です

 

 

 

 

 

無精者のオレンジマーマレード

 

料理をするのは嫌いではありませんが

省ける工程はギリギリまで省きたいというのが正直なところ

そしてたまにそれを肯定するようなレシピが存在すると

何だか自分の人生まで肯定されたようで嬉しくなります

 

数年前にアメリカだかオーストラリアだか忘れましたが

偶然ネットで見つけたレシピがこれです

え…そんなカンタンでいいの?

 

うん いいのいいの

是非作って見てください

市販のマーマレードなんてもう食べられなくなりますよ

 

今回はオレンジ二個(約400g)で作ります

まず軽く熱湯でワックスを流し(無農薬はそのままで)

そのままかぶるくらいの水を入れた圧力鍋で丸ごと20分煮ます

20分したら圧を抜いてそのまま中のオレンジをトングか何かで取り

フードプロセッサーに入れ軽くつぶして目立つタネを取り除きます

大きなタネが取れたら50ccくらいの水を入れ

そのままFPにかけてお鍋に移します

オレンジの60~80パーセントくらいの砂糖(今回はブラウンシュガー300g)

を入れ 時々かき混ぜながら弱火で煮込むこと20分…

 

f:id:yarumomo:20170513172023j:plain

 

 

 

ほら 包丁使わないでも出来たでしょう

アクだって取っていませんよ

最後にレモン汁があれば4分の一個くらい絞ってください

(なくても大丈夫ですが色がきれいになって味がしまります)

 

f:id:yarumomo:20170513172000j:plain

 

 

 

熱湯で消毒した瓶に二つ分が完成です

カンタンでしょう?

八朔でも夏みかんでも少々酸味があるものなら何でも大丈夫

以前金柑で作ったジャムも美味しかったですよ

 

f:id:yarumomo:20170513172018j:plain

 

 

お砂糖の量や種類は好みで変えてください

日曜日の朝にジャムを作るお父さんなんてカッコいいですね

とてもカンタンに出来ますが 砂糖を入れたら弱火というのをお忘れなく!

 

 

 

チルダーズ紀行(オーストラリア初めてのキャンプ)

 

昨夜もちらっと触れましたが

ゴールドコーストから車で4時間半北ほど上したところにある町

チルダーズに行ってきたので少しだけ紹介しますね

 

www.timetravelturtle.com

 

 

 

目的は棟梁の水上スキーの試合でしたが試合は金曜から始まったので

予定のあった私とプチソラは日曜日の朝に出発です

母娘二人のロードトリップなのでノンビリ車を走らせます

途中の長閑な景色にニュージーランドを思い出しましたよ

 

f:id:yarumomo:20170513071755j:plain

 

 

 

愛車スバルのアウトバックのおかげで

休憩込み5時間のドライブも無事難なく終了

可愛らしいチルダーズの町に着きましたよ

 

f:id:yarumomo:20170513071724j:plain

 

 

 

上に挙げたサイトによると人口1500人の町だそうです

2000年に15人が亡くなるという放火によるバックパッカー火災があったようで

チルダーズというとそれを思い出すというオーストラリア人も少なくありません

 

f:id:yarumomo:20170513071742j:plain

 

 

町には美味しいアイスクリーム屋さんがあるというのも

帰ってきてから知りました…

そして町からさらに走ること10分

いきなり現れた水上スキーレイクは相変わらず周囲に何もなく…

 

f:id:yarumomo:20170513071601j:plain

 

 

今回は州大会だったからでしょうか

上空にはドローンが飛んでいてその映像をFBで見ることも出来ました

先日アップしたナイトマーケットでも飛んでいましたが

だんだんドローンの活躍が身近なものになってきましたね

 

www.facebook.com

f:id:yarumomo:20170513074303j:plain

 

 

 

そしてこれが私達が1泊だけしたチルダーズでのお宿です

金曜から2泊していた棟梁の話では凍えるように寒いということだったので

ブランケット3枚に布団まで持ち込んで用意万端整えたものの

実はテントのカバーが開きっぱなしだっただけの話でした

カバーを閉めて寝たところ大変快適でしたよ(笑)

 

f:id:yarumomo:20170513071636j:plain

 

 

 

そして何もないキャンプ場に日が暮れて行きます

プチソラはバンダバーグからやってきたという子供達に誘われ

キャンプファイアーに行ったまま帰ってこないので見に行ったら

マシュマロ火にくべて お兄ちゃん達はギターなんか弾いたりして

何だかものすごく楽しそうでした

 

f:id:yarumomo:20170513071620j:plain

 

 

 

大人も負けずにバーベキュー台の周りで食べたり飲んだり…

オーストラリアのキャンプ初めてでしたが思っていたよりもずっと楽しかったです

 

f:id:yarumomo:20170513071534j:plain

 

 

帰りはカブーチャーという町の近くにあったアンティークショップで

こんなクールランニングなデザインのティーポットカバーまで見つけました

店番のおばあちゃんお手製のようで買ったらとても嬉しそうでした

 

f:id:yarumomo:20170513073331j:plain

 

 

さて初めてのチルダーズは本当に何もない町でしたが

途中には映画「インターステラー」の冒頭を彷彿させるような

広大なサトウキビ畑が整然と並んでいたり

さらに映画「ゴーン・ガール」に出て来るような

モーテルやキャンプ場もポツリポツリと点在するので

「ちょっと消えてみたい週末」なんていうのに

向いている町なんじゃないかしら…と思いました

 

強力には勧めませんが機会があったら是非

 

 

 

 

 

コストコいいトコ一度はおいで(ブリスベン編)

 

ああ こんなタイトル付けちゃって

あとで絶対後悔するけれど

これしか頭に浮かばないんですよ…困りましたね

 

さて 先日のハンス・ツィマーのコンサートの前に

普段は遠くて行けないブリスベンコストコに行ってきました

実はコストコデビュー つい最近です

ゴールドコーストから北上すること4時間半

チルダーズというバンダバーグの近くの町で水上スキーの試合があり

その帰りに初めて寄ったらすっかりハマりました

 

ちなみにチルダーズというのは何もないところでしたが

星と月がとても綺麗な静かな町でした

 

f:id:yarumomo:20170512221933j:plain

 

 

 

そしてその帰り初めてのコストコ

長年探し続けていたドリームシューラックに遭遇したのです!

ちょっと恥ずかしいので写真は小さな白黒にしますね

女性の靴なら54足は入るってこれ大変なことですよ

しかもたったの59ドル…ありえない

神様ありがとう コストコ万歳 🎌

 

f:id:yarumomo:20170512215725j:plain

 

 

 

 

さらに食品売り場に行ったらパン用の小麦粉がなんと12.5キロで$9.99!

あらジャパネットみたいになってきちゃいましたね…

パンを焼かない方にはピンとこないと思いますが

我が家の場合はこれ一袋で3ヶ月分のパンが焼けますよ

 

f:id:yarumomo:20170512215744j:plain

 

 

 

帰ってきてから早速パンを焼いてみました

食べちゃったので写真にはありませんがこの倍の量の

スクロールがあって これで大体400グラムくらいの小麦粉です

先ほどの一袋でこのセットをあと30回くらい作れるってことですよ✋

お味の方もバッチリで こうなるともうコストコまでの1時間半が

短く思えてきますね

 

f:id:yarumomo:20170512221346j:plain

 

 

 

去年買ったキッチンエイドのミキサーが大体700ドルくらいでしたから

この小麦粉のおかげで資金回収期間が一気に短くなりましたよ

「文句はあるまい!」ってなもんですね

 

yarumomo.hatenablog.com

 

 

朝ごはんにはコストコで買ったキャラメル入りのギラデリチョコを

トーストしたパンにのせて溶かしてみました

コストコ熱当分冷めそうもありません

 

f:id:yarumomo:20170512222949j:plain

 

 

 

こちらがオーストラリアコストコのHPです

日本とは商品が違うようですが 会員券は全世界共通という気前の良さ

これは日本に帰っても覗きに行かないといけませんね

 

www.costco.com.au

 

 最後にブリスベンコストコで買ったオススメ商品ご紹介しますね

 

*バスマット(15ドルくらいだったと思います)

厚さが普通のマットの3倍くらいあって足を乗せると最高に気持ちが良かったので

二度目に行った時にもう一枚色違いで購入しました

 

f:id:yarumomo:20170512230357j:plain

 

 

*フランス製ブリーチーズ(12ドルくらい)

カマンベールのような食感でトロッとしていて大変美味

このクオリティでこのお値段は驚愕です

 

f:id:yarumomo:20170512231535j:plain

 

 

*ジャンボサイズのバニラビーンペースト(12ドルくらい)

もうバニラビーンズをゴシゴシする必要がなくなりました

ぎっしり詰まったビーンズはなんと60本分だそうですよ

 

f:id:yarumomo:20170512215757j:plain

 

 

他にもたくさんオススメ商品ありますが

食品なら大体どれも10ドル前後のお値段なので

うっかり買い過ぎてレジで「おおっ…💦」 なんてことに

ならないようにご注意くださいね

 

 

 

 

観劇「HANS ZIMMER」コンサート

 

ハンス・ツィマーのコンサートにブリスベンエンターテイメントセンターまで

遠路はるばる行ってきましたよ!

 

え 知らない…?

 

f:id:yarumomo:20170511081628j:plain

 
www.hanszimmerlive.com

 

 

 

オーストラリアでの知名度低くて驚きましたが

映画「トュルー・ロマンス」のとてつもない名曲を作曲した方です

 


you're so cool - true romance

 

 

他に例の誰でも知っている「パイレーツ・オブ・カリビアン」の

ジャジャジャンッの曲や「ライオン・キング」(上の写真)に

バットマンダークナイト」や「マン・オブ・スティール」など

いわゆるハリウッドの超大作といえばこの人!というくらいの

作曲家兼音楽プロデューサーなのですが…

 

何しろ映画音楽とはいえバックミュージックが主ですから

実際「おおこの曲は!」と分かったのは上に挙げた辺りと

シャーロック・ホームズ」くらいでしょうか?

プチソラは地味に「“マダカスカル”だよ」なんて当てていましたが

インターステラー」や「グラディエーター」さらには

インセプション」なんて言われたってこんな曲だったっけ?

てなもんでさっぱりピンとこなかったというのが正直なところ

とはいえ流石に一流のオーケストラを率いているだけあって

バイオリン奏者やツィマー本人のピアノは言うに及ばず

フルート奏者の演奏の美しさには思わず涙ぐむほどでした

 

さらに大きなキャンセルでも出たのか席のアップグレードがあり

周りはほぼ映画関係者かムービーギークという席に案内され

周りのささやき声からどの映画の曲か分かるという嬉しいオマケ付き

後ろでは「サインしてください」なんて声が聞こえてきて

ええっ誰誰誰!?なんて振り向いたものの

クリス・ヘムズワース似のその彼が何モノかはさっぱり分からずじまいでした

 

とにかく驚いたのはここはブリスベン?と思うほど

スマートなファッションに身を固めた男女が多かったことです

さらに警備が厳しかったのも目につきました

テロ対策なのでしょうが数年前に来た時とは段違いの警備でした

 

そしてこれは最近のコンサートの傾向なのでしょうか

カメラ、ビデオ、セルフィースティック等は持ち込み不可なのに

ケータイ等の規制はないのですね

そんなわけアンドロイドやアイフォンでビデオ撮影したり

写真を撮ったりしている人が多く見られました

ソーシャルメディアに挙げてもらいフリーアドバタイズ(無料広告)を

狙った方が合理的ということでしょうか

 

 久しぶりの大きな会場でのコンサートは新しい発見が多く

改めて時代の移り変わりの早さを実感しただけでなく

第二部の最初に演奏された「you're so cool」が聴けただけでも

私にとって今回のコンサートはたいへん価値のあるものになりました

 

カリフォルニアとオーストラリアを皮切りに

今年はヨーロッパとアメリカ全土を廻るツアーのようです

洋画好きの方 ご興味があればぜひ

 

www.hanszimmerlive.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「Beauty and the Beast」美女と野獣 🌟🌟🌟🌟⭐️

 

ああ早くしないと終わっちゃうよぉ〜!と

友人にテキストしたら「私も見たかったのよぉ〜!」

あら…勇気は出してみるものですね

 

f:id:yarumomo:20170510185644j:plain

 

 


「美女と野獣」予告編

 

 

プチソラは最近この手のいわゆる“ハリウッド超大作”を

公開早々にお友達と見に行くので母はもうすっかり用済みなのです

 

そんなわけで見たいけどでも一人で行くにはちとツラい…

そう思って同じような環境に身を置く母友を誘って見たところ

(「え〜今更プリンセスムービーもねぇ」と返されることを予期しつつ)

驚くなかれ…アレヨアレヨと言う間に4人も集まってしまったじゃないですか

なるほど女子は死ぬまで女子なのね…プリンセスネバーダイ

 

そしてポップコーンやらアイスクリームやらを買い込み

見始めたところ…なにこれもしかして魔法?

そんなふうに感じてしまうくらいそこはウットリとする

夢の世界だったのです

 

まずオープニングの舞踏会のメイクシーンがアートのように美しく

さらにケビン・クライン演ずるお父さんの工房に無造作に置かれた

からくり人形やオルゴールの精巧な細工が素晴らしく

極め付けはエマ・ワトソンハリーポッター)演ずるベルの歌声と

ルーク・エヴァンスホビットガール・オン・ザ・トレイン

演ずるガストンの美声!!

 

ここまでほんの20分くらいだったと思いますが

この最高に贅沢なお伽話に入り込むには十分すぎるほどの時間でした

今までもハリウッドが手がけた実写版のプリンセス映画はありましたが

ここまで原作に忠実(というかディズニー版に忠実ですね)に

作られた作品は類を見ないと思います

 

美女と野獣」私の子供の頃はまだディズニー版はありませんでしたが

それでも子供に読み聞かせていた本がこんなに美しい形で

目と心以外に耳でも楽しめるようになるなんて

これはやっぱりディズニーの魔法に他ならずでしょうね

 

 日本でもまだ公開中のようなので

ぜひ大画面で魔法にかかってきてください