読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアソラ日記

徒然なるままに…南半球より

映画「ザ・コンサルタント」THE ACCOUNTANT 🌟🌟🌟

 

昨夜はプチソラがバースデーでお泊まりだったので近所の映画館へ

ただし棟梁が一緒だったので選択肢は

サスペンスかアクションのみです

 

トム・クルーズベン・アフレックか迷いましたが

前回の「ジャック・リーチャー」が期待はずれだったので

今回はベンで行きましたよ

 

f:id:yarumomo:20161106212759j:plain

 

 

 

字幕付きのオフィシャルトレーラーもありましたが

字幕なくてもオリジナルトレーラーの方が

絶対に見たくなる出来なのでこっちをあげました

(下手したら本編よりいいかも…)

 


The Accountant Official Trailer 2 (2016) - Ben Affleck Movie

 

 

余計なことをつぶやきました

でもそれくらいこのトレーラーを見たときに

惹かれる映画だったのです

 

ローファンクション頭脳の持ち主としては

どうしたってハイファンクション頭脳には弱いのです

ただし実際のストーリーはそんな甘いものではありませんでしたよ

 

 

裏の顔を持った会計士クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック

は人並みはずれた数字センスの持ち主です

ただし他人とのコミュニケーション能力はとても低く

子供時代の彼を両親が専門の施設に連れていくところから

物語は始まります

 

他人と違うということがどれだけ

世の中を行きていくのに大変なことか

そしてそんな世の中を生き抜くためのスキルを

お父さんが子供の彼とその弟に叩き込みます

 

これが彼のベースになっているというのが

話が進んでゆく過程でフラッシュバックで

分かってくるのですが…

 

 

とにかく分かりにくい映画でした

過去がフラッシュバックされるのはともかく

チューリヒのストックブローカーが脅される理由や

財務省の不正調査課とクリスチャンのつながりや

クリスチャンが暴いていく企業不正のスキームなど

最後に全てが繋がって「ああ なるほど」となるのですが

土曜の夜の頭なんてローファンクションの極みですから

 

「え?」「なんで?」「どうして?」

「ちょっと待って 今のってどういう意味?」

 

てなもんです

だけど隣はなんだか「あれ起きた?」

みたいなノリですから当てにしようにも出来ません

仕方なく今週残りのブレインセル総動員して

聞いていたところ 途中からそんなの無視した

香港映画的ドンパチ展開になり 

もしかしてある意味ブラックコメディ?とも

思えたラストは もうものすごく消化不良

 

さらにその先のラストにはもう少しいい話が

待っていなくもないのですが そこから先は

ある意味希望の全くない暗い話とも言えなくない

そんな脚本だったので ここはやっぱり

ジャック・リーチャーでお茶を濁しとくべきだったのかと

そうなふうに思った土曜の夜の一本でした